合法的にキマる方法

刺激的なタイトルをつけてしまい申し訳ありません。

ところで、「ランナーズハイ」という言葉を聞いたことがあると思います。

長時間走っていると、不意にとても気持ちが良くなる時が訪れる、というやつです。

マラソンランナーの方が良く仰っていますね。

今回はそのランナーズハイに関して学んでいきましょう。

ランナーズハイをもたらす物質

ランナーズハイの原因物質としては、主に下記の2つだと考えられています。

・エンドルフィン

・内因性カンナビノイド

両者とも、長時間の運動時に、体内で生成される物質です。

他にも、セロトニンやドーパミンの作用だったり、体温が上がることで起こるのだ、とする説もあります。

長時間動き続け、獲物を狩らなければ生存できなかった時代に、

痛みを消し、高揚感をもたらすことで、動き続けることができるようにできた仕組みだと言われています。

本当に人の身体は良くできていますよね。

エンドルフィン

「エンドルフィン」という物質の名前は、聞いたことがる方も多いでしょう。

私は漫画「グラップラー刃牙」で初めて知りました。

主人公の範馬刃牙がピンチに脳内のエンドルフィンをコントロールし、

痛みを消し、集中力を高め、闘い続ける様が印象的です。

そのエンドルフィンですが、略さずに言うと「エンドジーナス・モルフィン」

つまり「体内性モルヒネ」なのだそうです。

エンドルフィンは、モルヒネと同じように強烈な鎮痛作用と多幸感をもたらします。

まず麻薬のアヘンが一般に流通しており、その有効成分がモルヒネとして知られ、

なぜ人間の脳にモルヒネの受容体があるのか研究された結果、エンドルフィンが発見された経緯があります。

歴史における「人の業」のようなものを感じざるを得ません。

内因性カンナビノイド

エンドルフィンのほかに、ランナーズハイをもたらす物質として考えられているのが、

この「内因性カンナビノイド」です。

内因性カンナビノイドも、エンドルフィン同様、鎮痛作用があり、高揚感をもたらします。

エンドルフィンより分子が小さく、脳に到達しやすいといった特徴もあります。

マリファナの成分は、この内因性カンナビノイドの受容体に結合するため、

両者は同じような作用があることが知られています。

まとめ

強烈なランナーズハイを体験するためには、少なくとも45分のランニングが必要だとされています。

ですが、運動さえすれば、ランナーズハイとまではいかずとも、

エンドルフィンや内因性カンナビノイドの恩恵を受けられるとも言われています。

今後は友達に、

「すげー気持ちよくなるやつあるんだけどやらない?痩せるし、いやなことも忘れられるよ!」

と言って、ランニングを勧めてあげましょう。

参考文献

アンデシュ・ハンセン「新版・一流の頭脳 運動脳」サンマーク出版,2022年9月

関連記事

  1. 球速と腸腰筋の関係

  2. BDNFと運動

  3. 関節リウマチの治療

  4. 糖尿病の改善

  5. 自律神経のバランスとは

  6. 運動をすると頭が良くなる?

閉じる