男性更年期とは

更年期障害と聞くと一般的に女性に起こるものというイメージが強いですが、これは男性でも起こり得る疾患です。病気ではないのに不調が現れた時は、男性でも更年期障害の疑いがあります。

女性の更年期と男性の更年期

更年期障害はホルモンの変化によって引き起こされます。女性の場合は閉経の前後5年程で女性ホルモンが急激に低下することで症状が現れ、それを過ぎると症状は落ち着きます。これに対して男性の場合は男性ホルモンが年齢とともに徐々に減少することで症状が現れ、適切な対処をしない限り症状は続きます。男性ホルモンは20歳頃をピークに減少していき、40歳以降ではどの年代でも更年期障害になる可能性があります。

症状

更年期障害になると大きく分けて3つの症状が現れます。1つ目は身体のほてりや発汗、肩こりなどの血管運動症状、2つ目は気分の落ち込みや倦怠感、不眠などの精神的症状、3つ目は筋肉量の低下や関節痛、頻尿などの身体的症状です。男性ホルモンであるテストステロンは身体の代謝や人格の形成などに大きく影響を与えます。テストステロンが多いと、筋肉の合成が促進されて筋肉がつく、糖代謝が促進されて太りづらい、精神に関与して大胆で男らしい人格になるなどの特徴が見えてきます。男性更年期によってテストステロンが減少するとこれらの特徴が無くなってしまうということです。

原因

テストステロンの減少はストレスが原因で起こります。ストレスと言っても人間関係や不安などの精神的なものから、病気や過労などの身体的なものまで様々です。生活習慣の乱れなども身体的なストレスにつながります。

男性更年期の改善

男性更年期を改善するためにはテストステロンを増やすことが大切です。ストレスを抱えている場合はその原因を取り除くことが先決でしょう。しかしテストステロンは年齢とともに徐々に減少してしまうため、今症状が現れていない方も、早めに対処をしておくことをオススメします。

テストステロンを増やすための方法はいくつか存在します。1つは筋力トレーニングです。トレーニング、特にウエイトを使ったトレーニングをすることでテストステロンや成長ホルモンなどのホルモンが増加することが明らかとなっています。また生活習慣を整えることも大切です。ホルモンの分泌が活発になるのは夜の時間帯ですが、十分な栄養、睡眠が摂れていないとホルモンの分泌がうまくいかないことがあります。食事、睡眠などの生活習慣を整えることでテストステロンの増加が期待できます。

まとめ

男性更年期は加齢とともに誰にでも起こり得る疾患です。早めの対処を始めて、将来の健康に繋げましょう。

関連記事

  1. 運動は健康に多くのメリットをもたらす|フィジオ広島 健康科学

  2. 糖尿病の改善

  3. 関節リウマチの治療

  4. BDNFと運動

  5. 過眠症とは

  6. 自律神経のバランスとは

閉じる